最新のエントリー

HOME > 花図鑑 > > シネラリア

花図鑑

一覧へ戻る

シネラリア

シネラリアの仲間はカナリー諸島、マデイラ諸島に約14種が分布します。その中でも園芸で親しまれているのは18世紀にイギリスで作出された品種†が元と なっており、そこに他の種も掛け合わせて現在の園芸品種群ができました。早春~春の代表的な鉢花のひとつで、日本には明治10年に渡来し、昭和初期に鉢花 栽培が始まりました。
主な開花期は1月~4月、花色は黄色とオレンジ色以外はほぼ揃っていおり、単色だけではなく蛇の目模様になるものもポピュラーです。花の大きさは小輪種 で2cm、大輪種は10cm近くになります。草丈も種によりまちまちです。あまり見ませんが、八重咲き種も存在します。本来毎年花を咲かせる多年草です が、高温多湿に弱く、園芸では一年草として扱うのが一般的です。


一覧へ戻る

カテゴリ:

このページのトップへ