最新のエントリー

HOME > 花図鑑 > > アマリリス

花図鑑

一覧へ戻る

アマリリス

茎先に花径が20センチもある大輪をつける。 花被片は6枚である。 花の色は、濃い紅色やピンク、白などがある。 絞り、覆輪のものもあり、八重咲きや斑入りの葉のものもある。
ヒッペアストルム属のものをアマリリスと呼ぶのは、かつてアマリリス属に分類されていた名残である。 これとは別に原種系(アマリリス属)のものがある。 こちらはアマリリス・ベラドンナ(学名:Amaryllis belladonna)と呼ばれ、原産地は南アフリカである。 俳句では夏の季語である。 


一覧へ戻る

カテゴリ:

このページのトップへ