最新のエントリー

HOME > 花図鑑 > > ショウジョウバカマ

花図鑑

一覧へ戻る

ショウジョウバカマ

山地の小川沿いや水分の多い傾斜地などに自生する植物です。北海道から、本州、四国などに広く分布します。近縁種に花びらの幅がやや広く、長さの短いツクシショウジョウバカマが九州を中心に自生しています。 沖縄原産の小型種、コショウジョウバカマや同じく沖縄原産で、白い美しい花を咲かせるオオシロショウジョウバカマなどの品種も見られます。
名前の由来は、紅紫色の花を空想上の生き物ショウジョウ(猩々)の顔に、地面を放射状に這うように広がる葉っぱをそのハカマ(袴)に見立てたものという説や花の色が猩々の赤い髪や緋色の袴の色にいているところから名付けられたなどの諸説があります。


一覧へ戻る

カテゴリ:

このページのトップへ