最新のエントリー

HOME > 花図鑑 > > ライスフラワー

花図鑑

一覧へ戻る

ライスフラワー

最近、日本で多く流通するようになったオーストラリア原産の植物です。花は白~淡桃色の米粒のようなかたちをしています。生長すると3mほどになる常緑低木で、毛の生えた葉は2cmほどです。
切花でもおなじみのライスフラワー。米粒のような小さな花を固まって咲かせることからライスフラワー(お米の花)と呼ばれています。キク科のライスフラワーは半耐寒性の常緑低木。オーストラリア南部原産で、日向の花壇で乾燥ぎみに育てます。
毎年、4月から5月にかけて花を咲かせます。花色は薄いピンクと白が一般的です。


一覧へ戻る

カテゴリ:

このページのトップへ